Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

宮沢賢治の代表作『雨ニモマケズ』を輝野が歌にした理由

宮沢賢治

学生を卒業する日、ある先生がみんなに言いました。

「これまでは他人のために尽くせば褒めてもらえることもあったでしょう。でも大人になったら滅多なことでは褒められることはなくなります。頑張っても評価されず、出来て当たり前のように言われたりもするでしょう。そこでくじけてしまわないでください」

私は宮沢賢治の代表作『雨ニモマケズ』に触れると、いつもこの言葉を思い出します。

皆さんはどうでしょうか。頑張ったことの多くは報われているでしょうか。

お客さんに冷たいことを言われても笑顔を忘れない営業マンや、お店でニッコリ明るい笑顔を絶やさない店員さん、上司に怒られる日もあるサラリーマンなどなど、いろんな人の姿を想像します。

時に腐ってしまいたい日や泣きたい日があっても、それをぐっと内にしまって頑張る人たちがいっぱいいると思います。

賢治の「雨ニモマケズ」の人物は、あちこちへ飛び回って人々を助ける、まるでむかし映画で観たスーパーマンのようです。

そんな力は個人にはないかもしれないけれど、日々のささやかな努力を誰からも感謝されることなく頑張る大勢のスーパーマンたちがきっとこの日本を支えているんだと思います。

そんなことを思いながら宮沢賢治の「雨ニモマケズ」を輝野が歌にしました。

宮沢賢治 『雨ニモマケズ』 Unbeaten by Rain
「星めぐりの歌」はなぜ作られたのか? 歌詞に込められた宮沢賢治の心を探る
「星めぐりの歌」は宮沢賢治が作詞作曲した歌です。たくさんの方に親しまれ歌われていますね。この歌は宮沢賢治の童話『双子の星』と『銀河鉄道の夜』に登場します。 文学作品を書き、歌も作り、絵も描き、芸術に親しみながら、農業と科学と宗教に生きた宮沢賢治は、どんな人だったのでしょう? 交響楽が好きだった宮沢賢治に寄せて、「星めぐりの歌」を交響楽をバックに歌い、『銀河鉄道の夜』の場面を交えたアニメ...
花巻初のキリスト教徒「雨ニモマケズ」のモデル斉藤宗次郎を襲った悲劇とは?
宮沢賢治が『雨ニモマケズ』で書き遺した「サウイフモノにワタシハナリタイ」に込められた理想像とは? 宗教と、それを取り巻く人々の間で起こる対立と悲劇。そんな中で、信じる宗派を超えて親交があったという宮沢賢治と斉藤宗次郎についての私感です。
感謝とご報告
ブログを読んでくださる方や、動画を観てくださる方に感謝しています。 声を褒めていただいたり、動画を褒めていただいたり、次の作品はまだかと聞かれたりしています。大変ありがたく思っています。 実は現在『雨ニモマケズ』の動画↑を作り直し中です。 作曲は長くやってきましたが、動画をYoutubeに公開するというのは生まれて初めてでして…。 これまで音楽は音楽だけで作ったり聴...
玄米4合は実は贅沢
宮沢賢治が亡くなった後の戦時下、あの『雨ニモマケズ』はいろいろ利用されちゃった節があるようなのですが… しかも、この動画の中でも述べられますが、(←ご紹介していた動画が埋め込みできなくなってしまっているようなので削除しました/ 2018/07/16)GHQの修正指示があって「玄米四合」を「玄米三合」に変更されたこともあったようです。 このことを知ったのは随分前でしたけど、その時...

コメント